EVENT

2018.07.20

9/1 Classic Ko 「つなげるカタチ・伝えるカタチ」ーデザインと蒔絵・伝統工芸ー

“蒔絵(まきえ)”というものづくりを通じて
時代を超えてつなぎ伝えていく技術のカタチや想いを語る
 
今年2月にKUMU金沢で「蒔絵で作るアクセサリーワークショップ」を実施してくださった「Classic Ko」の大下香征さんをゲストにお招きし、伝統工芸を通じてつなぎ伝えていきたい技術や想いをお話いただくトークイベントを開催いたします。
 
 

大下香征さんは、都内でグラフィックデザインを学び伝統工芸の世界へ。

石川県加賀市にて124年蒔絵制作加工を営む大下香仙工房の5代目としてご活躍されています。

2008年に工房のジュエリーブランド「Classic Ko(クラシック コー)」を設立し、自身の経験を生かし、蒔絵ジュエリーの素材選びからデザイン、生産、ブランドディレクション、ポップアップショップまでを手がけています。

ブランドを設立してから今年で10年。

首都圏大手百貨店やセレクトショップなどの売り場に自ら立つことも多く、お客さまとのコミュニケーションの中からものづくりのヒントを得ることもあるそうです。

今回は、蒔絵(まきえ)の歴史や魅力について、伝統工芸の“作り手”・“伝え手”としての立場から生み出す新たな商品について、デザイン・コミュニティなどの場作りにおけるカタチから、仕事のカタチ、もの作りにおける幸せや豊かさのカタチなど、蒔絵ジュエリーブランド「Classic Ko」を通じて伝えていきたい、大下さんの取り組みやその中で感じ考えてきたことについてお話しいただきます。

■ 日時:2018年9月1日(土) 14時~15時30分  ※13時30分受付開始
■ 場所:KUMU金沢1F TEA SALON「KISSA&Co.」
■ 定員:20名
■ 参加費:1,080円(1ドリンク付)※当日現金払い

■内容(予定)

・蒔絵の魅力と歴史

・Classic Koのデザインと伝えるカタチ

・質疑応答

今回特別に蒔絵やジュエリーに使用している素材を持ってきていただきます。

天然素材のカタチのおもしろさを触れながら感じていただけます。

■申し込み 

こちらからお申し込みください。

http://ptix.at/YfWdi9

 


 

 

※駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

皆様のご参加を心からお待ちしております。

> EVENT 一覧

このページの先頭へ
RESERVE
IN

TEL
076 282 9600
TEL
076 282 9600