EVENT

2022.09.09

Painter gals carandsex「Palpebra」

アート・プラットフォーム「ArtSticker」 を運営するThe Chain Museumのコマーシャルギャラリー「GALLERY ROOM・A」にて川上愛理・野地ことみ・山中雪乃による展覧会「Palpebra」開催いたします。本展に向けて3人がそれぞれの視点で新作を発表し、共鳴し合うような空間をつくり上げます。ぜひこの機会にご覧ください。

概要
会期 | 2022年9月10日(土)- 10月16日(日)
会場 | GALLERY ROOM・A
住所 | KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS (東京都墨田区本所2-16-5)
開廊時間 | 8:00-23:00

作家プロフィール
Painter gals carandsex
2017年 京都造形芸術大学油画コースに入学した川上愛里・野地ことみ・山中雪乃の3人で結成されたペインターギャルズ
https://www.instagram.com/carandsex/?__coig_restricted=1

川上愛理
1998年大阪府生まれ。人間とその身体の奥深くに眠る自然との関係性に着目し、主体としての身体をすべての人たちのために 取り戻すことを目指しています。
”キャンバスの向こう側にある世界(場所、 place、there)とキャンバスのこちら側の現世を繋ぐ/隔てるための窓”としての絵画を描いています。

野地ことみ
1999年群馬県生まれ。自分が見つけた限りの自然や人を、誰かに手紙を書くように描きたいと考えています。

山中雪乃
1999年⻑野県生まれ。絵画をモチーフ、写真、支持体、様々なレイヤと自分の視点を通して構成し、そうして生まれる操作と偶然から「存在」について考えています。

展覧会ステイトメント
palpebraは赤い肉のオーヴだ。
本当に目に見えるものは血潮だけ。
暗闇の崖に立ち吹き荒れる嵐に包まれたときも、視界に入る人々にうんざりして目を瞑った時もそうだった。
ダヴィンチのベツヘレムの星の草の素描を見た時、まるで寄り合った若い魔女たちのまつ毛みたいだと思った。
私の痛みは、雪原に刺さったナイフから溢れ出る熱い溶岩で出来たブローチだ。
あるいは、大事なことが揮発してゆく朝。立ち尽くすままの夕焼け。
それはいつも、瞼の奥の左右の視神経が交叉する場所にある。
貴方達や私にとって本当に大切なことは、そこへ行くと知ることができる。

※出展作品はArtSticker限定で販売。川上愛理、野地ことみの作品は「先着制」、山中雪乃の作品は「エントリー制」

GALLERY ROOM・A
アート・プラットフォーム「ArtSticker」 を運営するThe Chain Museumは、インディペンデントキュレーターの青 木彬と共同で運営する新たなコマーシャルギャラリーです。年齢やジャンルにとらわれず、国内外で活躍する 様々なアーティストを紹介し、Artistの個展(ROOM)を発表していきます。
https://www.instagram.com/gallery_room_a/

「Experience in ART」
GALLERY ROOM・Aは、“アート”を多様な解釈の中で経験するための場所です。
作品の購入は、何のために 行われるのか?アーティストはどのように作品を生み出しているのか?
私たちにとって作品とはどんな効果をもた らすものなのか?商品に使用価値があるように、アートの未知なる使用価値について探索してみましょう。
  GALLERY ROOM・Aでは作品の鑑賞や購入、アーティストとの対話や宿泊プログラムを通じて、あるときはクリ ニックのように人を癒し、またあるときはアカデミーのように学びの場となる可能性を拓いていきます。青木彬(イ ンディペンデント・キュレーター)

 

> EVENT 一覧

このページの先頭へ
RESERVATION

RESERVATION

IN
TEL
03 3625 2165