KAIKA TOKYO
AWARD
2022

募集要項

「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」では、才能あるアーティストの発掘を目的として、幅広いジャンルの作品を募集します。入選作品は本施設の共用スペースにて約2年間収蔵展示され、訪れる国内外のゲストが鑑賞します。施設のコンテクストを活かした展示プランをお待ちしています。

Photo:Takumi Ota

KAIKA TOKYO AWARD 2022 - image1

審査員

秋元 雄史|Yuji Akimoto

東京藝術大学名誉教授、練馬区立美術館館長、金沢21世紀美術館特任館長、美術評論家、1991年から2006年までベネッセアートサイト直島のアート活動に携わる。2007年から2016年まで金沢21世紀美術館、2015年から2021年まで東京藝術大学大学美術館館長。2018年から練馬区立美術館館長。現在、北陸三県を跨ぐ工芸の新たな取り組み『GO FOR KOGEI』、『クタニズム』などをディレクション。著書:『アート思考』プレジデント社、『直島誕生』ディスカバリー21、「日本列島『現代アート』を旅する」小学館新書他多数

秋元 雄史|Yuji Akimoto

小山 登美夫|Tomio Koyama

1996年に小山登美夫ギャラリー開廊。奈良美智、村上隆を始めとする同世代の日本アーティストの展覧会を多数開催するとともに、同世代の国外アーティスト、トム・フリードマンやトム・サックスなどを日本に紹介する。近年はもの派の代表的な作家である菅木志雄やコンセプチュアルアーティストのオノ・ヨーコなどのベテランのアーティストの展覧会も積極的に行っている。アートアワード東京丸の内の審査員、日本現代美術商協会代表理事。主な著作に『現代アートビジネス』アスキー新書、「お金から見る現代アート」講談社など。

秋元 雄史|Yuji Akimoto

ABOUT KAIKA 東京 KAIKA 東京 Official Website ↗

「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」は、アート作品を公開保管するアートストレージとホテルが融合したコンテンポラリーアートの新しい拠点です。

元倉庫ビルをコンバージョンした空間に、アートギャラリー(※)のための9つのアートストレージをはじめ、一般公募(KAIKA TOKYO AWARD)により集められた作品を収蔵展示し、アートシーンの舞台裏のような場で、国内外のゲストに新しい鑑賞体験を提供しています。

「KAIKA」という名称には見せる収蔵庫を意味する「開架」という意味に加え、日本のアート文化を広め「開化」させたい、アーティストの才能「開花」をサポートしたいという思いが込められています。
※ArtSticker, CLEAR GALLERY TOKYO, KOSAKU KANECHIKA, NANZUKA, VOILLD, Yoshimi Arts, YUMIKO CHIBA ASSOCIATES (2021年12月現在)

Photo:Takumi Ota

ABOUT KAIKA 東京 - image1 ABOUT KAIKA 東京 - image2 ABOUT KAIKA 東京 - image3

応募要項

応募要項

「KAIKA 東京 by THE SHARE HOTELS」では、才能あるアーティストの発掘を目的として、幅広いジャンルの作品を募集します。入選作品は本施設の共用スペースにて約2年間収蔵展示され、訪れる国内外のゲストが鑑賞します。優れた作品とともに施設のコンテクストを活かした展示プランをお待ちしています。

応募作品

ジャンルや制作年は問いません。ただし、エレベーターに積載できるサイズ(2m×1.3m×1.3m)を超える作品は分割できるもの。

審査・設置フロー

1)応募期間:2021/12/23(木)~2022/2/13(日)18:00

・応募者情報の登録と作品及び展示プランのオンライン提出

2)下見:1/16(日)、1/17(月)両日11:00~、14:00~

・施設の下見を希望する方は、1/12(水)までに事務局へご連絡ください。

・状況によってはオンライン開催になる場合があります。(下見は必須ではありません。)

3)一次審査(入選作品の決定):2月下旬

・書類審査を行い、収蔵展示される入選作品15点程度を決定します。

・審査を通過した方には直接メールまたは電話でお知らせします。

4)入選作品の設置:3/15(火)~3/18(金)4日間

・入選作品の搬入・設置をアーティスト自らで行っていただきます。

5)最終審査・講評会(受賞作品の決定):3/18(金)18:30〜21:00

・実物審査により、入選作品の中から特に優れた3作品に賞を授与します。

・審査員による講評会、授賞式を現地で行います。

6)収蔵展示:3/19(土)~約2年間

・館内で商談を行うことも可能です。(要事前予約)

・展示や出品等で作品を持出すことが可能です。(要事前予約)

審査により、収蔵展示される15作品程度の入選作品を選出します。そのうち特に優れた3作品に賞を授与します。
KAIKA TOKYO AWARD 2022 大賞 30万円
KAIKA TOKYO AWARD 2022 秋元雄史 賞 10万円
KAIKA TOKYO AWARD 2022 小山登美夫 賞 10万円

注意事項

・設置や展示方法は施設運営上、調整が必要な場合があります。

・温湿度管理を必要とする作品、電源を多用する作品、監視または人の介助が必要な作品、生物や腐敗する作品は対象外です。

・作品の取り扱いには最善の注意を払いますが、作品が施設内で何らかの損傷を被ったとしても、一切の責任を負いません。

・2年間が過ぎたあと、応募者の負担で現状復旧し作品を撤去搬出していただきます。

・施設を利用するゲストが作品の写真をSNS等に投稿する可能性があることを予めご了承ください。

・収蔵展示期間は、作品がメディアに掲載される場合があることを予めご了承ください。

申込方法

下記URLからウェブサイトにアクセスし、応募者情報の登録と作品プランをオンラインでご提出ください。
↓ お申込みはこちら
https://forms.gle/2AZArk84miYpAQ2VA

企画・運営事務局:株式会社artness
問合先:info@artness.co.jp
担当者:高山健太郎

KAIKA TOKYO AWARD 2020

KAIKA東京開業時の2020年には、施設のコンセプトである「アートストレージ」(収蔵庫)を形作る取り組みとして、館内共用部に収蔵・展示するアート作品の公募<KAIKA TOKYO AWARD 2020>(企画・運営:株式会社ノエチカ)を実施し、2020年1月20日~2月21日の募集期間で、全国から絵画、陶芸、彫刻など235点の作品の応募がありました。

KAIKA TOKYO AWARD 大賞として新藤 杏子氏の「drawing of one day」が受賞し、審査員の秋元 雄史賞は梶浦 聖子氏の「色を聴くウサギ」、舘鼻 則孝賞は加藤 智大氏の「iron-oxide painting “W.S./T****68”」が受賞しました。その他13名、計16名17作品が授賞しました。

諫山 元貴 / 井上 瑞貴 / 内田 涼 / 荻原 賢樹 / クニト / 近藤 尚 / DAIGO / 高木 基栄 / 都築 崇広 / 中北 紘子 / 柳 早苗 / 山本 恵海 / 吉田 一民

KAIKA TOKYO AWARD 2020 - image1 KAIKA TOKYO AWARD 2020 - image2 KAIKA TOKYO AWARD 2020 - image3

Copyright © THE SHARE HOTELS | ReBITA inc. All Rights Reserved.