EVENT

2017.04.06

LYURO GALLERY 企画展 “In Cyan” 濱田祐史 Yuji HAMADA。

一滴の水が川になり海に広がりどこかへと広がってゆく。水は生物にとって重要なものだ。また同時に光の存在も我々の生活にはかけがえのない要素の一つだということも忘れられないことだろう。今回は隅田川の流れを撮影し、移ろいゆく時間や広がりを写真にするために日光を長時間露光しサイアノタイプ(日光写真)にプリントした。その淡く存在する像が余白へ広がっていく。水の流れがどこに行くのかわからないのと同じで、ドッシリと存在している”シロ”の中に想像する何かがあると感じた。

プロフィール
濱田祐史 Yuji HAMADA
1979年大阪府生まれ。2003年日本大学芸術学部写真学科卒業後出版社に勤務、2006年よりフリーランスフォトグラファーになる。写真をメディアとして「『見る』とはどういうことなのか、『見えない』とはどういうことなのか」という問いかけをもとに撮影、制作をしている。近年の主な個展に、PGI(東 京)にて「Pulsar + Primal Mountain」(2013)「C/M/Y」(2015)、ミュンヘンの GALLERIE f 5.6 での「photograph」「Primal Mountain」(2016)がある。
2014年、ヴェヴェイ(スイス)のフォトフェスティバル”Images”にて Primal Mountain のインスタレーションを展示。2015年、エクスアンプロヴァンスフォトフェスティバル(フランス)、ニューヨークのコンデナストギャラリーでのグループ展に参加。
2014年に初の写真集「photograph」が Paris Photo/Aperture の First Photobook Award 2014 にノミネートされるなど、東京を拠点に活動し国内外で作品発表をしている。
2015年には印刷技術も写真表現のひとつとした写真集「C / M / Y」、スイスにて滞在制作した作品集「BRANCH」が出版された。
2017年5月10日から東麻布のPGIギャラリーにて展示会開催 http://www.pgi.ac/exhibitions/3372/

Yuji Hamada was born in Osaka in 1979. He began working at a publisher upon graduation from Nihon University College of Art’ s Department of Photography in 2003. He has worked as a freelance photographer since 2006. Hamada’ s work questions the nature of ‘the seen’ and ‘the unseen.’ Major exhibitions of his photographs include ‘Pulsar+Primal Mountain’ (2013) and ‘C/M/Y’ (2015) at PGI in Tokyo as well as ‘photograph’ and ‘Primal Mountain’ at Munich’ s GALLERIE f 5.6 (2016). His work has also been shown at the “Images” photo festival in Vevey, Switzerland (2014), the Aix-en-Provence Photo Festival in France and New York’ s Conde Nast Gallery (2015), along with many other venues. His debut monograph ‘photograph’ was nominated for the Paris Photo/Aperture First Photobook Award 2014. He is currently based in Tokyo but continues to show his work across the globe. In 2015 he published his experimental printing project ‘C/M/Y’ and ‘BRANCH,’ a collection created in Switzerland.

> EVENT 一覧

このページの先頭へ
RESERVE
MENU
IN

TEL
03 6458 5540
TEL
03 6458 5540